営業代行のメリットは?《営業代行》

1.採用活動が必要ない
 営業代行とはアウトソーシング(外部委託)です、営業機能又は特定のプロセスをアウトソーシング会社に委託する為、その業務に伴う採用活動や面接などは 発生しません。
採用コストの削減、求人広告出稿作業や企業説明、面接、入社手続きなどの労力、コストを削減する事が出来ます。

2.教育の必要がない
 営業代行は営業機能を委託するため、セールス人員を教育・育成する必要はありません。
ある一定の経験・スキルを体得しているメンバーを選出されることが前提 となり、研修要員や研修時間などの教育コストが削減できます。

3.長期雇用リスクがない
 一定期間の有期対策として繁忙期のみ営業代行を活用するなど、人件費の変動費化が可能であり直接セールス人員と 雇用契約を行うわけではありませんので、 福利厚生費などが削減できます。

4.人材のミスマッチを防ぐ
 自社で直接雇用するわけではありません又、営業代行会社から選出されたセールス人員が、 自社の営業活動にとって適格な人員ではないと判断した場合、 その理由が契約に反していなければセールス人員の入れ替えを営業代行会社に 要請することが可能です。自社で直接雇用であれば当然ながら再度採用費が発生します。

5.自社にないノウハウが享受できる
 セールス育成システムが確立されていない、あるいはノウハウが確立ない企業にとっては様々なセールスノウハウや情報などが享受できます。
又営業代行会社によっては過去事例や 独自の統計資料が活用できる場合もあり、自社では解決できない課題も解決できる可能性があります。